事故車売却時に必要な書類

事故車 買取 | 事故車売却時に必要な書類

事故車 買取 | 事故車売却時に必要な書類

事故車を売却することにしたら、その際に必要になってくる書類も一応知っておきたいですよね。事故車を売却するために査定をお願いしている、という方は、査定をしてもらっている最中に、以下のような書類をご用意してください。

 

<普通自動車の場合>

普通自動車の事故車の場合、売却する際に必要となる書類です。

・自動車検査証(車検証)
・自賠責保険証明書(自賠責)
・印鑑証明1通(2ヶ月以内のもの)
・自動車税の納税証明書(当年度分)
・リサイクル券(預託済みの場合)
・実印

*その他:

委任状や譲渡証明書などが必要になるケースも。

 

また、自動車検査証と印鑑登録証明書の住所が違う場合は、さらに追加で必要になってくる書類があります。以下を参照してくださいね:

・住所変更が一度の場合:住民票
・住所変更が複数の場合:戸籍の附票または住民票の除票
・結婚などで姓が変わっている場合:戸籍謄本

 

<軽自動車の場合>

軽自動車の事故車を売却するときに必要となってくる書類です。

 

・自動車検査証(車検証)
・自賠責保険証明書(自賠責)
・自動車税の納税証明書(当年度分)
・リサイクル券(預託済みの場合)
・認印
・業者既定の申請依頼書/自動車検査証記入申請書(契約した際に聞いてください)

 

<その他、あると査定価格が上がるといわれているもの>

・整備手帳
・取り扱い説明書
・スペアキー
・取りはずした純正品など

 

<各書類の取得できる場所>

・自賠責保険証はどこで発行?:

保険会社で再発行してもらえますので、なくしてしまったという方は申請して再取得してください。申請時には、免許証など本人の確認ができるものが必要です。

 

・車検証(自動車検査証):

失くしてしまったり、事故で焼失などしてしまった場合はは登録した陸運局で、再発行してもらえますので再発行の手続きをしてください。手続きには、申請書類代と手数料がかかります。

 

・納税証明書:

自分の家のある都道府県税事務所で、再発行してもらえます。

 

他にも事故の程度などによって必要となってくる書類があるかもしれませんが、一般的に必要と言われている書類例となっています。参考までにご確認くださいね。自動車税の納税証明書は自動車税を支払ってあるという証明書となりますが、実は自動車売却時には完納されている必要があります。まだローン返済中ということはないか、売却前に確認してくださいね。カービューなど、事故車 買取りの扱いに慣れている業者などに質問があれば問い合わせてみるのもお勧めですよ。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ