事故車の見分け方

事故車 買取 | 事故車の見分け方

事故車 買取 | 事故車の見分け方

事故車の見分け方としてチェックしたいポイントを、ここではご紹介したいと思います。少しでも事故車 買取の査定にお役に立てれば幸いです。

<パネルに隙間はない?>

パネルの隙間は、左右で違いがありませんか?隙間がどちらかが狭くてどちらかが広い、などとあれば、トランクの交換歴がある、ということがわかります。他のポイントとして、爪を隙間に入れてみるなどがあるそうですよ。素人ではなかなか分かりにくいポイントですが、事故車を買う際には欠かせないチェックポイントなのです。

 

<ボルトは大丈夫?>

事故車のフロント部分は交換をしていないかどうか、リア部分はどうかをチェッパネルはボルトで留められているそうで、ボルト交換があったかないかをチェックするわけです。ポイントとしては、ボルトの山が潰れていないか 塗装が剥げていないかをチェックすることだそうです。ボルトを取付けた後に塗装していることもあるそうですから、左右のボルトを確認して違いがないか見比べてチェックするのが大切だそうです。

 

<ナンバープレートは大丈夫?>

ナンバープレートは、へこんだり曲がったり、何か跡があったりしませんか?リアのナンバープレートも外されていないか確認すると、事故車かどうか、ここの部分は修理されていないかがわかるそうですよ。

 

<トランクの床下はどうか>

たとえば物損事故で後ろから追突されている場合は、追突された床にしわができていたり、塗りなおしている形跡、バックパネルが好感されていたりとわかりやすいようですよ。トランクの床は普通カーペットが敷かれているものの、その下に工具などを搭載しているので簡単に外せるそうです。そこで修理されている形跡はないか、特にリアは注意深くチェックすることが大切です。

 

<シーラーはどうか?>

トランクのシーラーは塗りなおした形跡がないか、車の各ドア、ボンネット、トランクフード(バックドア)にはシーラーが塗布されていますが、その色が新車時のシーラーと色が同じか、また他の部分に対して不自然なシーラーが無いかをチェックすることで事故車かどうかわかるそうです。 ドアやフェンダーは、左右のシーラーの状態を比較してチェックしていきます。事故車で塗装がシーラーの塗布に不備があると、雨漏りすることもあるのだそうですよ。事故車を購入する際には、必ずどこを修理したのか、修理個所はすべて明確にしてもらいましょう。それに渋るディーラーさんはパスですね。カービューなど事故車をよく取り扱っている会社なら、安心かなと思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ