カービューとガリバーの特徴

事故車 買取 | カービューとガリバーの特徴

事故車 買取 | カービュー&ガリバーの特徴

事故を起こしてしまったら、まずその車を売ろうなんて頭によぎる方は少ないかもしれません。だいたい事故を起こしたばかりの時は、事故のことで頭がいっぱい、「どうして」、「なんで?」という疑問と、それから若干パニック状態になるのではないでしょうか。けれど、それからちょっと経つと、「この車どうしよう、廃車かな?」「事故車は売れるのか?」という疑問も浮上してくるかもしれません。そこでここでは、現在、事故車 買取りを行っているガリバーやカービューのことについて、特徴を含めてご紹介したいと思います。

 

<ガリバーの場合>

ガリバー

普通、ガリバーで中古車の査定をお願いする場合は、「メーカー名」、「車種名」、「年式」、「走行距離」で簡単査定もお願いできるのですが、事故車となってくると話は変わりますよね。事故車の際の査定については、まずは電話で問い合わせてみるのがよいかと思います。普通ネット・電話のどちらからでも相談できるのですけれどね… そうすると、程度によっては問い合わせ後、24時間以内に、概算価格を教えてもらえます。それからの流れは、車を実際にチェック、そのあとに正確な査定額を算出となります。査定金額に納得できたら契約成立となるのは、事故車でも同じようですよ。

 

<カービューの場合>

カービュー

カービューでは事故車 査定のオンライン一括査定を行っているほど、事故車の買取りも積極的に行っているようです。なんでも流れとしては車両選択と郵便番号を入力し、車情報と連絡先を入力するという3分の時間を割くだけで、オンラインで事故車を査定してもらえます。カービューでは、「事故車処分に費用をかけたくない方」、「車両保険に未加入の方」、「事故車の買い取り先を探している方」、「修理するならこの際買い換えたいと思われている方」へ事故車をカービューにお任せしてほしいということでした。

 

ちなみに、事故車で廃車とする時は、永久抹消登録といった手続きをしなくてはならず、その手続き費用などは結構かかったりします。事故を起こしている車でも、「フロントインサイドパネル」「フレーム」「ダッシュパネル」「ルームフロアパネル」「フロントクロスメンバー」「ルーフパネル」「ラジエーターコアサポート」「トランクフロアパネル」「ピラー」のすべてが損傷していなければ、高く買い取ってもらえるかと思います。特にカービューはお勧めですよ。

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ